スウェーデン車

ボルボ

エンブレム

由来

意味

エンブレム 由来 スウェーデン車
        
 
由来島.jp  TOPページに戻る


このエントリーをはてなブックマークに追加



 
国別表示:
   日本     アメリカ     ドイツ     フランス     イタリア     イギリス     スウェーデン     チェコ

   スペイン     インド     マレーシア     オーストラリア     韓国
 



スウェーデン




ケーニッグゼグ

Koenigsegg

http://torupa22.gozaru.jp/koenigsegg_emblem.jpg

自動車業界とはまったく関係のない経歴を持つクリスチャン・フォン・ケーニッグセグが、 「理想のスポーツカー作り」という5歳の頃からの夢を叶えるために1994年に創立したスウェーデンのスーパーカー・メーカー。 エンブレムはケーニッグセグ家に12世紀から伝わる紋章を基に、クリスチャンの幼馴染みだったグラフィック・デザイナーが制作したもの。

サーブ

SAAB

http://torupa22.gozaru.jp/saab_emblem.jpg

元々は航空機メーカーとして設立されており、SAABはスウェーデン語の「Svenska Aeroplan AB (スウェーデン航空機会社)」の略である。 エンブレムは、空の象徴である「ワシ」の頭と翼、陸の王者である「ライオン」の体をもつといわれるギリシャ神話の「グリフィン」に由来する。 なお、SAAB社は1968年、トラック・バスメーカーであったスカニア-VABIS社 (Scania-VABIS) と合併し、サーブ・スカニア社 (SAAB-SCANIA AB) となった。

スカニア

SCANIA

http://torupa22.gozaru.jp/scania_emblem.jpg

スカニア社のあるスウェーデン、セーデルテルイエ市は、ストックホルムの南方、スコーネと呼ばれる地方にあり、社名はこの地方名に因んでいる。 エンブレムを縁取る円と逆三角形状の組み合わせは、スカニア社が1891年の設立当初から数十年に亘って製造していた自転車のチェーンホイールをデザイン化したもの。 中心に描かれているのは、空の象徴である「ワシ」の頭と翼、陸の王者である「ライオン」の体をもつといわれるギリシャ神話の「グリフィン」。 鷲の上半身と翼、ライオンの下半身を持つこのグリフィンは王者の風格や力強さを象徴する存在で、スカニア社の初期のエンブレムからモチーフとなっている。

ボルボ

VOLVO

http://torupa22.gozaru.jp/volvo_emblem.jpg

ボルボ車のフロントグリルにあるマーク(♂)は、中世ヨーロッパの錬金術師たちが用いたベアリングと鉄の象徴ハーフクロス(半斜線)に由来する。 ボルボの故郷、スウェーデンは昔から錆に強いスウェーデン鋼で有名。加えてボルボ車の母体は、世界的なベアリングメーカーSKFであることなど、 鉄と深い関係を持っている。VOLVOは、ラテン語で「私は廻る」を意味し、元はSKFのベアリングの商標だった。



このエントリーをはてなブックマークに追加



 
国別表示:
   日本     アメリカ     ドイツ     フランス     イタリア     イギリス     スウェーデン     チェコ

   スペイン     インド     マレーシア     オーストラリア     韓国
 

由来島.jp  TOPページに戻る

Copyright © 2011 YURAIJIMA.jp All Rights Reserved.