アストンマーチン

ジャガー

イギリス車

エンブレム

由来

意味

エンブレム 由来 イギリス車

由来島.jp  TOPページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加



 
国別表示:
   日本     アメリカ     ドイツ     フランス     イタリア     イギリス     スウェーデン     チェコ

   ロシア     スペイン     インド     マレーシア     オーストラリア     韓国
 

                           


イギリス




アストンマーチン

ASTON MARTIN

https://torupa22.gozaru.jp/astonmartin_emblem.jpg

アストンマーチンの名称は英国バッキンガムシャーの村・アストンクリントン(Aston Clinton )の前半と、 創業者のひとりライオネル・マーティン(Lionel Martin )のラストネームに由来する。エンブレムはエジプトのコガネムシの仲間のスカラベの羽をモチーフにしたデザイン。 スカラベは太陽神の象徴として神聖化されており、宝石や陶器などに用いられていた。ルマンで優勝し、芸術家でもあったサミー・デイビスがデザインした。

ジャガー

JAGUAR

https://torupa22.gozaru.jp/jaguar_emblem.jpg
https://torupa22.gozaru.jp/jaguar_emblem2.jpg
https://torupa22.gozaru.jp/jaguar_emblem3.jpg

現在、ジャガーではフロントにジャガー顔のエンブレムが飾られている。 かつてボンネットに付いていた立体的な「The Leaping Jaguar(Leaping Catとも呼ばれる)」は安全基準の問題で取り付けられず、 車両後端部に平面的なエンブレムとして飾られている。 ジャガーの前身は「スワロー・サイドカー」というオートバイ用のサイドカーを作る会社だった。 1927年から自動車製造をスタートし、1934年に社名が「SSカーズ」となる。 1935年には先進的なニューモデルを生み出し「ジャガー」と名付けられる。 ジャガーという名は広告代理店が提案したであるが、ジャガーという動物のイメージであるスピード感とスマートさ、 スタイルが相応しいと創設者ウィリアム・ライオンズによって採用された。第二次世界大戦後、イギリスは外貨が不足し資源も乏しかったため、 「輸出か死か」という政策をとり、自動車メーカーにも輸出して外貨を稼がないと鉄を割り当てしないという通達が出される一方、 「SS」という悪名高いナチス親衛隊と同じ社名では、輸出先のアメリカやヨーロッパでのイメージが悪いということで1945年に社名が「ジャガー・カーズ」に変更される。

ミニ

MINI

https://torupa22.gozaru.jp/mini_emblem.jpg

「MINI」というロゴマークが使用されるようになったのは1969年から。併せて、オースティン・ミニとモーリス・ミニ・マイナーというバッジはなくなり、単純に「Mini」となった。 この時、親会社もBLMC(ブリティッシュ・レイランド・モーター・コーポレーション)と名前を変えた。 現在のミニのエンブレムは、ミニ・クーパーの「ウィング(翼)」のデザインをミニの活力のシンボルとして用い、それに「MINI」の新書体とを組み合わせたもの。

ベントレー

BENTLEY

https://torupa22.gozaru.jp/bentley_emblem.jpg

ベントレー社の創始者、ウォルター・オーウェン・ベントレーの頭文字Bに翼をあしらったエンブレムである「ウイングドB」は、1920年代から1930年代にかけて、 ルマンレースにおいて5度の優勝という快挙をベントレーボーイズ達によって成し遂げて以来、高性能なオーナードライバーズカーの象徴として今も脈々と引き継がれている。

ボクスホール

VAUXHALL

https://torupa22.gozaru.jp/vauxhall_emblem.jpg

旗を手にしたグリフィン(砂漠や山間部の洞窟に住む「黄金の守護者」の異名を持つ魔獣)を表現している。

モーガン

MORGAN

https://torupa22.gozaru.jp/morgan_emblem1.jpghttps://torupa22.gozaru.jp/morgan_emblem2.jpg

1936年に四輪車の生産を開始したが、1909年の創業から1939年頃までは三輪車の生産を続けていた。 当時のエンブレムはコウノトリ(Stork)の飛び立とうとする時の立体映像を車の前方につけていたが、 1936年から生産された四輪車からはコウノトリの羽を表したエンブレムとなった。

ランドローバー

LAND ROVER

https://torupa22.gozaru.jp/landrover_emblem.jpg

世界で唯一の4WDを専門に開発・生産するブランド「ランドローバー」は、ROVER(走り回るもの)という意味に、大地という意味のLANDを組み合わせたもので、 自然と大地の中を「しっかりと、そして優しく走る」というランドローバーのポリシーを象徴している。

ロータス

LOTUS

https://torupa22.gozaru.jp/lotus_emblem.jpg

ロータスとは、植物の「蓮」の意味で、エンブレムもこの蓮を象っている。「LOTUS」の上に書いてあるのは、A,C,B,Cというアルファベットを組み合わせたもので、 ロータスの創立者である、Anthony Colin Bruce Chapmanの頭文字が由来である。

ローバー

ROVER

https://torupa22.gozaru.jp/rover_emblem.jpg

ジョン・ケンプ・スターレーとウイリアム・サットンが1878年に創業した自転車製造会社「スターレー&サットン」を前身とする。 そのヒット製品「ローバー安全型自転車」の名前を採って社名を変更。1904年に自動車の製造に乗り出す。 1967年にレイランド・モーターズに買収され、翌年には多くのイギリス自動車ブランドと一緒にBLMC(ブリティッシュ・レイランド・モーター・カンパニー)に統合。 後にローバー・グループと改称したため、日本ではあの有名な「ミニ」が「ローバー・ミニ」として販売されていた時期もある。 その後、買収した様々な親会社により、グルーブに属する「MINI」「MG」「ランドローバー」などのブランドが切り売りされた結果、「ローバー」の名前で生産されるモデルは消滅。 現在ではランドローバーとともにインドのタタ・モーターズが商標を所有している。

「ROVER」とは"ROVE=走り回る"という動詞に由来している。エンブレムには、かつての大航海時代に何千マイルもの海を力強く行きかった、究極のローバー(彷徨者)であるバイキング船が描かれている。

ロールスロイス

Rolls-Royce

https://torupa22.gozaru.jp/rollsroyce_emblem1.jpg
https://torupa22.gozaru.jp/rollsroyce_emblem2.jpg

一徹な技術者、フレデリック・H・ロイスが作った試作車の優れた性能とメカニズムに感銘を受けた若き貴族でビジネスマンのチャールズ・S・ロールスは、 二人の名前を結んで「ロールスロイス」と命名し、そこから頭文字のRとRを組み合わせたエンブレムが誕生した。 フレデリック・H・ロイスが亡くなった際にロイスの喪に服してエンブレムの文字を赤から黒に変えたといわれている。

ロー ルス・ロイスのラジエーター頂点に立つ羽根を広げた精霊像は「スピリット・オブ・エクスタシー」の名で知られる。 一般には「フライング・レディ」とも呼ばれる。 1910年頃自動車雑誌「The Car」の編集者であったジョン・ダグラス・スコット・モンタギュー(John Douglas-Scott-Montagu, 2nd Baron Montagu of Beaulieu )が自分のロールス・ロイス・シルヴァーゴーストの高性能にふさわしいマスコットを装着しようと考え、 友人の彫刻家チャールズ・ロビンソン・サイクス(Charles Robinson Sykes )に製作を依頼した。 サイクスは過去に手がけていた「シルバー・ファンシー」という作品を元にイメージを膨らませ、モンタギューの秘書もしくはモンタギューの父の秘書であったエレノア・ヴェラスコ・ソーントン(Eleanor Velasco Thornton )をモデルとし、ニーケーに似た女性のマスコットを完成させ 「スピリット・オブ・エクスタシー」と名付けた。その後モンタギューとクロード・ジョンソンの話し合いの結果、1911年もしくは1912年からロールス・ロイスの正式なマスコットとなった。

MG

MG

https://torupa22.gozaru.jp/mg_emblem.jpg

ウィリアム・モーリスというエンジニアが“モーリスガレージ”というサルーンカーのチューンナップ・ワークショプを設立し、 その社名の頭文字を取って「MG」としたのが始まり。エンブレムは、当初よりオクタゴン(八角形)に「MG」を刻印したデザインを使用、 ライトウェイトスポーツカーの代名詞となっている。


                           

このエントリーをはてなブックマークに追加



 
国別表示:
   日本     アメリカ     ドイツ     フランス     イタリア     イギリス     スウェーデン     チェコ

   ロシア     スペイン     インド     マレーシア     オーストラリア     韓国
 

由来島.jp  TOPページに戻る

Copyright © 2011 YURAIJIMA.jp All Rights Reserved.